温泉・館内hot spring & facility

天然温泉
亀の癒し湯物語

「湯の児」温泉は
古くは約千九百年前の、
景行天皇の「湯の児」命名や、
傷ついた海亀が湯浴みをしていたので、
温泉が発見されたという
いろんな伝説が残る古湯です。

湯上がりの肌がツルツルになる
弱アルカリ性の炭酸泉の湯は
別名美人の湯。
源泉かけ流しのゆったりとして、
どこか懐かしいお湯場で
古の伝説に想いを馳せてください。

温泉

全室が、海と夕やけの
オーシャンビュー。

当ホテルの温泉「亀の癒し湯」は「傷ついた海亀が湯浴みをしていたので湯の児温泉が発見された」という伝説にちなんだ温泉です。
古からの古湯であり「名湯百選の湯」にも選ばれた名湯です。
泉質は美肌をはじめ色んな効能を持つ弱アルカリ性でやわらかなぬめりがあり、肌触りがまろやかで、肌になじむのが特長です。
源泉かけ流しの「美人の湯」とも言われ、女性にもご好評ですが、男性にもサウナとの組合せが人気の泉質です。
海に近いため、ほのかな塩分を含んでおり、湯冷めしにくく、保温効果にも優れています。
階段を上がって、海の夕景や夜景を一望できる展望露天風呂もお楽しみいただけます。

亀の癒し湯

亀の癒し湯 大浴場

当ホテルの1階には気兼ねなく、思い切り手足を伸ばして入れる「亀の癒し湯 大浴場」があります。源泉掛け流しで、皆様の旅の疲れを癒します。このお湯にゆったり浸かって「湯の児っていいとこだな」と思っていただければ幸いです。

亀の癒し湯

亀の癒し湯 展望 露天風呂

目の前に広がる「不知火(しらぬい)海」越しに、対岸の天草の島影を正面に臨むことができるコンパクトな露天風呂です。ここから眺める海と夕日の美しさは、熊本県の不知火海沿岸では比べる場所がないほどの絶景です。

お風呂について

泉質
弱アルカリ泉 / ナトリウム炭酸水素塩泉 / 単純炭酸泉
効能
神経痛 / リウマチ・神経病
お風呂の種類
大浴場 / 露天風呂 / サウナ / 水風呂 / 源泉かけ流し
利用時間
午後15:00~23:00 / 午前 6:00~10:00
アメニティ
女性大浴場では「MIKIMOTO」のシャンプー(ボディソープ類)を用意しております。
日帰り入浴に
ついて
大人 500円(税込) / 小人(小学生以下)300円
利用時間 午後12:00 – 18:00
  • バスタオルお貸出し 1枚200円
  • 館内メンテナスにより、大浴場をご利用頂けない日がございます。
    詳しくは、お知らせトピックスをご覧ください。

施設

館内施設のご案内

お電話でのご予約・
お問い合わせはこちらから

0966-62-6262

宿泊プランから検索